無担保で運営資金をつくりたい!ビジネス資金サポートを受けよう

担保が無くてもビジネス資金サポートを得る方法

事業性評価融資とは?

銀行をはじめ金融機関がビジネス資金サポートの目的で融資の審査をする場合、担保の有無は大きなポイントになるはず。しかし、事業性評価融資を採用する所も少なくありません。財務諸表以外に中長期的な事業の方向性や知的財産などの情報を考慮したうえで、返済が見込めるとの評価が出た時に融資が受けられます。

金融機関だと事業性評価シートがあり、事業経営者のヒヤリングを通じて評価を進めます。経営者の考えも大事ですが、事業の強みや弱み、顧客や取引先のような企業を取り巻く環境、内部の管理体制などを多角的に見ます。経営者もさまざまな理由で事業をやめる時が出るかもしれません。その際に、後継者の有無や育成計画も判断材料の1つになるはず。

各種確認を行い、事業経営に繋げてみるのはいかがでしょうか。

融資を受けやすくするためには?

融資を受けやすくなるためのポイントですが、取引先などの関係性が良好であるのは欠かせません。特に影響力の強い取引先からマイナス評価があれば、事業経営に支障をきたしかねません。他には、1つの得意先だけに頼り過ぎているのも良くないです。各種細かく見直しを行い、各種該当するなら新規開拓を図るのをオススメします。

マーケティング調査を行い、市場規模の研究をするのも大事です。金融機関の融資担当者はその道のプロではあっても、事業経営の詳細までは把握していないはず。融資担当者が納得するためのビジネスの成長戦略やアイデアを提示できるようにしましょう。

他には、人材や技術のような知的財産も評価対象になります。有能な社員の育成や確保は欠かせませんが、ライバル企業からの引き抜き対象になるはず。有能な社員を上手に引き留めるための対策を立てましょう。


この記事をシェアする