無担保で運営資金をつくりたい!ビジネス資金サポートを受けよう

担保が無くてもビジネス資金のサポートを受けることができるのか?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

担保が無くてもビジネス資金サポートを得る方法

担保が無いため、金融機関からのビジネス資金サポートを依頼するのを諦めている人はいるはず。しかし、事業性評価融資を採用する金融機関も増えています。売り上げ実績や将来における事業の方向性を含めて、収益が見込めると判断してもらえた時には、融資を受けられます。 続きを読む

事業性評価融資なら担保が無くても融資を受けられる?

自分所有の不動産や機械などの担保があれば、返済不能に陥った時でも支払いに充てることができます。金融機関をはじめビジネス資金サポートをする業者側も、担保に資産価値があれば貸し倒れのリスクが減るため、安心感を得られるポイントです。

といっても、担保が無い人はビジネス資金サポートを希望しても、できないことはありません。最近では、金融機関も事業性評価融資を採用する所が増えています。担保も1つの判断材料となりますが、事業内容や成長の可能性を総合的に判断を行い、返済が見込める場合に融資が受けられるシステムです。他には、信用スコアレンディングという、AIを活用して事業の信用力を評価する金融機関もあります。各種評価を高めるには、創業年数以外に日頃の売上実績を良くすることは欠かせません。

クラウドファンディングの活用で、不特定多数の支援者から資金援助をしてもらうのも1つの方法です。共感できる事業のアイデアを提示したり、自分の売り込みが上手にできたりする人には向いているかもしれません。ちなみに、クラウドファンディングを賢く活用して、顧客へと繋げている人もいるようです。

他には、資金面で頼れる親族がいれば、ビジネス資金サポートを依頼するのもアリです。事情を説明して納得を得られると、サポートをしてもらえるのが期待できます。ただし、後々トラブルとならないための対策は欠かせません。

ビジネス資金サポートの手段は複数ありますが、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。詳しく紹介するので、参考にしてはいかがでしょうか。

クラウドファンディングを活用して資金調達を図る

自分で事業経営におけるアイデアを出してビジネス資金サポートを得たい人は、クラウドファンディングがオススメ。資金援助の用途で利用する以外に、中長期的な顧客確保の用途にも活用できるでしょう。そこで、成功に繋げるためのポイントを紹介するので、参考にしてはいかがでしょうか。

続きを読む

親族からビジネス資金サポートを受けるのもアリ?

親族で資金面の体力がある人がいれば、ビジネス資金サポートを依頼するのも良いでしょう。返済がスムーズにできれば、トラブルが起こるリスクはないはず。しかし、無利子かつ返済の猶予もあるとの理由で依頼するのはオススメしません。さまざまな知っておくとタメになる情報を紹介します。

続きを読む